インドネシア・バリ島で30年ほど前に作られたクリスハンドル(刀の柄)です。クジラの歯に細工を施して作っております。希少な品です。モティーフは「ハヌマーン」です。
ハヌマーンはインドの叙事詩『ラーマーヤナ』で活躍するさるの英雄。風神の子で,文武両道に長じ,超自然力をもち,自由に姿を変え,空を飛ぶことができ,特にその長い尾は威力を発揮すると言われています。 

高さ:約85mm

クジラの歯のクリスハンドル(ハヌマーン)

¥20,000価格

    copyright 2003 ASIAN ACCENTS  All rights reserved.